定年後にセブンイレブンの経営に挑戦

定年を前にして、何か残せるものを始めたいと考え、早期退職をし、セブンの経営に挑戦をしました。大手ということもあり、セブンイレブンさんでフランチャイズ契約を結び、加盟店オーナーとして第2の人生を始めました。

出店後しばらくは、売り上げが思うように伸びず、思い悩んだ時期もありましたが努力の結果、現在では常連のお客様も増え、子供に後を継がせることができる状態まで持ってこられたと感じています。

独立しなければ出会えなかった方々とも多数知り合うことができ、60歳を超えた今でも人生に張りを持って生活ができています。