暮らしの中の超硬合金

http://alloy-kogyo.com/
超硬合金(超硬)はタングステンやクロムといった金属の炭化物粉末を焼結して作られた極めて硬い合金です。硬度が高く、高温になっても硬度の低下が少ないことから磨耗に強いので、ドリル、フライスのように金属と直接接し、高速で回転する切削工具の材料として用いられます。

特に自動車部品の金属加工においては、精度が必要なエンジン、トランスミッション、ステアリング等の加工に多用され、精度の向上やコスト低減に貢献しています。他にもトンネル掘削機械や硬さを活かしてコインの打ち抜き用金型等にも用いられ、金属加工機械を作る上で欠かせない素材の一つとなっています。